Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ジョーンズラングラサール 総合不動産マネジメントシステム「JLL PRAS」

    2006年3月6日

     
     
     

     ジョーンズラングラサールはこのほど、新しい総合不動産マネジメントシステム「JLL PRAS(プラス)」を開発したと発表。
     「JLL+」は、従来の不動産管理ソフトウェアの「MRI」を日本の不動産商習慣にあわせて同社が独自にカスタマイズしたもの。過去のデータから現在の数値に至る詳細な不動産情報を、物件ごとに蓄積・参照できるマネジメントシステム。英語、日本語の2か国語はもちろん、日・米・英・豪などの複数の国際会計基準(GAAP)にも対応している。また、勘定系システムとシームレスに連携しているため、厳格な会計基準の遵守が可能となる。
     同社代表取締役の濱岡洋一郎氏は、「請求・入金管理から支払管理までの一連の履歴を物件ごとにデータベース化できる『JLL+』は、プロパティマネジメント業務だけでなく、アセットマネージャーをサポートする機能までを兼ね備えた画期的な会計・レポーティングシステム。不動産を所有するあらゆる企業の業務効率化とコスト削減に活用して頂ける」としている。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら