Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    サークルKサンクス FF・DFのベンダー・物流体制を地区ごとに順次統合

    2006年4月13日

     
     
     

      サークルKサンクスは12日、「サークルK」と「サンクス」のブランド別に展開しているファーストフード(FF)とデイリーフーズ(DF)のベンダー・物流体制を地区ごとに順次統合すると発表。4月から中国地区(岡山県・広島県)を皮切りに、2008年2月までに全地区での統合を完了する予定としている。
     今回の統合では、ブランド別に異なっていた米飯管理温度帯と配送回数(サークルK=中温度帯・3便体制/サンクス=チルド温度帯・2便体制)を、原則、中温度帯・三便体制に統一する。また、地区毎の米飯ベンダーを集約し、現在、全国に60ある米飯工場を50工場にする。
     配送回数を統一することで、各便ともピーク前の納品が可能となるため、品切れが無くなり機会ロス防止が図れる。
     また、米飯工場を共配センターから原則1時間以内の立地に配置することで、商品製造から店舗までの納品時間を短縮し、鮮度の高い商品の提供が可能になる。
     同社は今回の統合で、1店当り約25万円(年間)の利益改善をめざしている。2004年9月の合併以来、同社では酒・飲料・菓子・冷凍食品・雑貨などのベンダー・物流統合を進め、1店当り約28万円(酒あり店・年間)の利益改善を実現。今回の統合と併せて、1店当り約53万円、全店ベースで年間約34億円の統合効果の実現を図っていくとしている。

     
     
     
     
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •