Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ニチレイら3社 四国エリアで共同配送を開始

    2007年3月12日

     
     
     

     ニチレイフーズ、日本水産、味の素冷凍食品は12日から、四国エリアでの冷凍食品の共同物流を開始した。物流コストの削減だけでなく、各社最大の懸案事項であるCO2削減がねらい。
     遠隔地での冷凍食品の物流コスト削減を主な目的に、3社は99年に北海道エリアで共同物流を開始。その後、南九州エリア、中京(岐阜、三重)エリアでも同様の取り組みを始めており、一定の効果が出ているという。
     今回は初めて共同保管を実施するなど、物流効率を重視した、より本格的な取り組みとなっている。
     従来、冷凍食品メーカーは各社ごとに、食品卸や量販店などの取引先が指定する物流センターへ納品しており、冷蔵倉庫や輸送トラックの手配も自前で行っていた。
     今回の共同物流への取り組みでは3PL業者のロジスティクス・プランナーに物流業務を委託し、3社の荷物は大阪の冷蔵倉庫に共同で保管され、この拠点から共通の取引先の物流センターに3社分を一括して輸送される。
     同取り組みで、排出するCO2は従来比で10〜20%程度削減される見込みという。
                               (07/03/12)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら