Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    近鉄エクスプレス 上海の荷受人まで12時間の超特急輸送サービス開始

    2007年7月10日

     
     
     

     近鉄エクスプレスは9日、上海向け航空輸送新サービスとして、日本での貨物受託から上海近郊の荷受人まで12時間で輸送する超特急配達サービス「Shanghai “TWELVE” Express」を8月から開始すると発表。また、これに先立ち、貨物受託から荷受人まで24時間で輸送する「Shanghai “TWENTY—FOUR” Express」」の取り扱いを首都圏発・関西圏発で開始する。
     同サービスは、自社ULD単位で航空会社に搬入することで、早朝6時までに同社成田ターミナルで受託した貨物を午前発の上海浦東空港向け直行便に搭載。お昼過ぎに同空港に到着した貨物は緊急通関が行われ、夕方までに上海近郊の荷受人に配達が完了する。


     前日夕方までに集荷した貨物は深夜通関を実施。また、関西圏では、夕方までに大阪・京都・神戸地区の同社貨物センターに集荷された貨物を、同社の車両にて翌朝6時までに成田ターミナルへ転送。早朝通関を経て午前便に搭載される。これにより、通常2〜4日かかるドア・ツー・ドアの所用時間を大幅に削減する。
     今月中旬から首都圏発の「24時間サービス」の取り扱いを、8月から関西発の同サービスと首都圏発「12時間サービス」の取り扱いを月—金曜日の週5便体制で開始する。同社では、同サービスの開始により、上海向け取り扱い物量が10%増加すると見込んでいる。
    ◎関連リンク→近鉄エクスプレス

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら