Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本通運 ドライバー用携帯情報端末を一新

    2007年7月18日

     
     
     

     日本通運は18日、ペリカン便のサービスドライバーの携帯端末の開発に富士通と共同で着手したと発表。全国約800か所の営業所に約二万台を順次導入し、08年5月よりドライバーズ端末システム「DREAM(ドリーム)」として稼働させる予定としている。
     現在、同社のサービスドライバーは「ドライバー端末」「データ通信用端末」「携帯電話」を携帯しているが、新端末では「音声・通話機能」と「通信機能」を融合したモジュールを搭載することにより、一台の業務用端末で「音声・通話」と「データ通信」が可能になる。宅配便業界で初めて。また、通信コストの大幅な削減を実現する。
    ◎関連リンク→日本通運

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら