Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本通運 中部国際空港施設の拡張用地売買契約を締結

    2008年3月10日

     
     
     

     日本通運は3日、中部国際空港施設の拡張用地として、同空港島内の中部国際空港総合物流ゾーンに立地し、中部空港支店施設中部空港物流センターと隣接する用地の売買契約を愛知県企業庁と締結したと発表。
     同社中部空港物流センターの輸出入取扱い数量は、昨年度比で上期3%増、下期7%増と堅調に伸長。同空港発着の国際航空貨物の増加に伴い、現在稼働中の上屋施設が手狭になりつつあった。
     拡張分の施設については、平成20年度中の着工、同21年夏の全面稼働を目指す。これにより、同施設床面積は3000平方mから5000平方mへと大幅に拡張される。
    ◎関連リンク→日本通運

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら