Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    川崎市「東扇島総合物流拠点地区」にニチレイロジとヨコロジ進出

    2008年3月19日

     
     
     

     川崎市は14日、昨年12月に公募を開始した「東扇島総合物流拠点地区第一期(1)区画」(再公募)について、事業予定者を決定したと発表。
     東扇島(1)D区画(4万23451.1平方m)には、ニチレイロジグループ本社とニチレイ・ロジスティクス関東が決定。4階建ての冷蔵倉庫を建設し、首都圏港湾地区の輸入冷凍品の総合物流拠点として活用する。平成22年4月の事業開始を予定。


    dkukaku.jpg
    (1)D区画施設完成予想図
     また、東扇島(1)C区画(2万1172平方m)にはヨコロジが進出。同社はすでに東扇島地区でアジア・南米に向けた中古自動車の一時保管・輸出業務を行っており、同区画に中古自動車保管蔵置棟とコンテナフレートステーション設備を建設することで、土地利用の高度化を図る。同21年6月の事業開始を予定。
    ckukaku.jpg
    (1)C区画施設完成予想図
    ◎関連リンク→川崎市

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら