Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    高速道の事故 「料金所周辺」が増加

    2008年7月18日

     
     
     

     先に開かれた、近畿地区高速道路パトロール実施機関連絡協議会の総会で、西日本高速道路関西支社から死傷事故について報告された。今年は5月末現在、同社管内の死傷事故は284件発生しており、そのうち12人が死亡。
     事故件数は、19年が18年より増加しており、特に料金所周辺の事故が増加しているという。


     昨年のETC事故は、料金所広場とETCレーンを合わせて73件発生。今年5月には33件の料金所付近の事故が発生している。
     同社管内のETC普及率は6月末現在で約71%。料金所付近の事故増加原因として、「カード未挿入による車両停止」に気付かず追突するという「前方不注意」が多く、「ヒューマンエラーによる事故が見られる」と分析、車間距離確保や停車するという意識付けを呼びかけている。
     また、阪神高速道路の報告では「事故発生件数は減少している」と報告。同管内のワースト一位は前年度同様に一号環状線と十二号守口線の合流(守環合流)となっている。(山田克明)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら