Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    08年上半期の企業倒産6000件超 帝国データバンク調べ

    2008年7月23日

     
     
     

     帝国データバンクが、このほどまとめた全国企業倒産集計によると、6月の企業倒産(負債額1000万円以上)は1065件(前年同期比8.1%増)、負債総額は4719億2000万円(同40.3%増)だった。件数は2か月ぶり、負債総額は3か月連続の前年同月比増。このうち運輸業者は38件(同18.8%増)、52億400万円(同3.3%減)。


     08年上期全体では倒産件数6022件(同11.6%増)、負債総額3兆194億6400万円(同17.4%増)。05年下期以降、一貫して件数は増えており、08年上期は6000件を突破した。建設業に加え、原料高関連の倒産が急増しているという。負債総額の増加は特に不動産業の大型倒産ラッシュ、地場大手・中堅クラスの倒産の散発などが要因。運輸・通信では「原油価格高騰が、経営に深刻な影響を与えている」と指摘している。(土居忠幸)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら