Now Loading...
 
  • 射界

    2016年9月5日号 射界

    2016年9月9日

     
     
     

     「男は度胸で女は愛嬌」と言われたのは昔の話。今は女性も度胸の良さが評価され、活躍する時代となった。先の東京都知事選挙で初の女性知事が誕生し、それを証明した。組織や知名度を前面に闘った男性候補らをしり目に、堂々の大量得票での当選だ。国際的にも女性リーダーの誕生が伝えられ、活躍が期待されている。



     ▲女性は、こうと思い込んだら一途に成し遂げようという気持ちは男性の比ではない。雨だれの滴(しずく)が長い間に岩にうち注ぎ、やがて岩石に穴をあけてしまうことに因み、「女の一念岩をも透す」と言い伝えられる。以前は肯定的に使われる例が少なかったものの、女性が色んな分野で活躍するのが当然となった現在、一心に仕事に取り組む女性の姿は美しさに輝き魅力的に映る。

     ▲あらゆる分野の第一線で活躍する女性は、同性さえ惹き付けてやまぬ魅力にあふれて素晴らしい。そうした女性群の能力をピックアップして作り上げたものでなく、そこで活躍する女性の多くは自らの仕事と真剣に取り組むプロセスで、心と技能を磨き、長所を発揮して存在感を示して、わが位置を築き上げてきたのだ。例外もあるが一般には年齢を重ねるごとに能力は研磨されたといえる。

     ▲女性の活躍が期待される一方で未解決の課題も多い。パワハラ事案なども後を絶たず、加えて女性用施設の整備や子育て支援の体制づくりが喫緊の課題である。しかし、女性重視の風潮に自惚れてはならない。英国の政治家で小説家のF・リットンは「美しい容姿が推薦状なら、美しい心は信用状だ」と女性の活躍に手厳しい。女性活躍の期待が増すとともに能力アップも大切である。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「射界」の 月別記事一覧

     
  • 射界」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら