Now Loading...
 
  • トピックス

    自分の右腕を作る

    2011年5月27日

     
     
     

     「自分の右腕を作る」。これは2代目経営者が中期目線で考えていくべき重要課題です。2代目経営者が会社を引き継いだ時、すでに先代からの番頭さんや管理者がいるケースが多いので、今すぐ業務に支障が出ません。その結果、自分の右腕を見つけたり、育てることの重要性に気付くのが遅れます。



     私見ですが、中小企業、中でも運送会社であれば一人の優秀な右腕がいれば、ほぼ成功すると思います。なぜなら、ほとんどの中小運送会社には番頭らしき人はいても、優秀な右腕はいないからです。それどころか、社長が右腕の役割を兼務しているところが多いのです。

     右腕なんて、いなくていいのでは? そう思われる方もいるでしょう。答えは「NO!」です。社長が「現場にドップリ」では、次なる未来の経営戦略を練る余裕がなくなってしまいます。

     「次なる経営戦略」とは、例えば「どんなドライバーを育成していくべきか」「どんな荷主と取引していくべきか」「荷主の現在の売上比率をどうすべきか」などがあります。

     これらの経営戦略を立てるには、社長自身に時間がないとできません。会社の方向性を熟慮し、そのための経営戦略を練る。これが社長の本来の業務のはずです。

     正しく方向性が決まっていない会社で、いくら現場仕事を頑張っても成果は出ません。そんな会社は、方位磁石を持たずに登山をしているようなもので、いずれ遭難(経営不振)してしまうでしょう。

     そうなる前にしなければならないこと。それが「自分の右腕を作る」ということなのです。この大きな課題にできるだけ早く取り組む必要があります。前回の連載でお話しした「経営理念の構築と経営理念と一貫性のある仕事ぶり」も、自分の右腕を作る上で大変重要なことです。自分のことを慕って、ついてきてくれるような人柄、魅力を身につけることが必要ということですね。

     では、どうすればいいのでしょうか? この問いの答えは「もし自分自身が管理者やドライバーなら、社長からどのようにされたら、この社長のためにも頑張ろうと思うか」を考えれば分かります。ぜひ、ご自身にこの質問をしてみて下さい。

     「自分の右腕を作る」。2代目経営者がしなければならない大切なことです。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら