Now Loading...
 
  • トピックス

    第64回:市民税滞納で「差し押さえ予告」

    2011年10月7日

     
     
     

     市民税を支払わずにいたところ、市役所から「差し押さえの予告」という書類が郵送されたという社長がいます。


     社長は市民税を支払わずにいたのは分かっていましたが、まさか差し押さえまでされるとは思っていませんでした。想定外のこの郵便物に、眠れない日が続いたそうです。

     市民税を払わないでいたのは、もちろんお金がなかったからですが、借金の保証人になった友人が自己破産をしたために、代わりに支払いを続けていることが原因です。社長の会社も売り上げが減少し、苦しい資金繰りでお金との戦いに明け暮れています。自己破産した友人は今、他で会社勤めをしているそうですが、社長を助けてあげようというそぶりもないとのことです。

     社長は市民税を2回分溜めていました。何とか払おうとお金をかき集めたのですが、1回分しか集めることができませんでした。仕方なく市役所に行き、「1回分の市民税だけ持ってきました。月末にお金が入ってくるので、残りはそれまで待ってください」と申し出たところ、係の職員は「わかりました。支払い用紙を翌月1日の期限で渡しておきます」と応対してくれました。社長は、「差し押さえは逃れられましたか」と尋ねると、「ええ大丈夫です」とさらりと答えてくれました。

     全額支払いができない状態で、「次回滞納したら今度こそ差し押さえますよ」と言われたら、どうしようと心配していたところ、意外にも職員が優しかったので、社長は安心して市役所を出たそうです。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら