Now Loading...
 
  • トピックス

    第71回:喜べない税金の還付

    2011年11月25日

     
     
     

     予定納税という制度があります。税金を多く支払った人に対し、今年度の確定申告の時期が来る前に前年度の税金を基に計算した税金を、あらかじめ納付するというものです。この予定納税の税金は、確定申告で計算された税金から差し引かれます。


     毎年決算で税金を支払っている社長がいます。会社は今年も黒字決算となりましたが、売り上げが減少し人件費が上がっているため昨年より大幅な減益となっています。一応黒字決算で税金の額が発生しているのですが、その税額が昨年支払った予定納税の額を下回っています。そのため予定納税した税金が還付となりました。社長は、これは喜ばしいことではない、と思ったそうです。

     それは、税務署が還付された税金を取り返しに調査にやってくるためです。社長も5年前に税務調査を受けましたが、追徴金はありませんでした。別に悪いことをしているわけではないのですが、税務調査にこられると2、3日仕事ができず、質問の応対で大変な思いをしたと言います。税務調査に来て欲しくないので、何とか経費を減らし利益をあげて税金を払おうとしました。

     しかし、決算の税金は予定納税額を上回って納税する数字にはなりませんでした。社長は、これ以上数字を動かすと決算が変になり余計におかしくなるというので、今年は税金の還付で決算書を税務署に提出することにしました。

     社長は、税金の還付金は、税務調査で万が一、追徴金の支払いを命じられた時のために貯金しておく、と言っていました。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら