Now Loading...
 
  • トピックス

    第96回:恐ろしい、役所の取り立て係

    2012年6月8日

     
     
     

     住民税を半年以上滞納していたため、市役所から差し押さえの予告通知が送られてきた社長がいます。



     滞納していたのは「お金がなかった」というのが理由です。得意先の売り上げ不振で集金ができないことや、新規の得意先を獲得しても利益率のいい仕事がなくなったため、下請けの支払いと借金返済に追われるようになってしまいました。

     お金がないので、仕事に関する支払いが後回しになります。業者なら支払いが遅れると督促の電話があるものですが、役所からはすぐに来ないので、つい滞納してしまったようです。

     そして驚いたのは、知り合いの会社の役員になってあげていたところ、市役所から「給料を支払っているのなら、住民税を給料から天引きして徴収したい」という書類が郵送されてきたというのです。名前貸しの役員なので給料はありませんから、住民税を徴収されることはありません。しかし、どのようにして社長がその会社の役員になっていることを突き止めたのかがわかりません。

     社長は、税金の取り立て係は恐ろしい、と思ったそうです。名前を貸している会社に迷惑をかけてしまうのもイヤです。そして、今まで督促の電話がないからと甘えていたのですが、そこまで調べる役所の取り立て係を怒らせると大変なことになると思い、お金をかき集めて市役所に赴きました。その金額は滞納している額の半分ですが、住民税をなんとか支払い、差し押さえを免れました。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別記事一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら