Now Loading...
 
  • トピックス

    付帯作業はどこまで? 事務員も無償で駆り出される

    2012年10月25日


    Warning: file_get_contents(https://graph.facebook.com/v2.7/?id=https%3A%2F%2Fweekly-net.co.jp%2Ftopics%2F26698%2F&access_token=1717908261793858|L_psnS3KzzYizptWAutP4ZfvbbY): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/weeklynet/weekly-net.co.jp/public_html/wp/wp-content/themes/weekly/tmp_sns.php on line 18
     
     
     

    truck3_1022.jpg トラックドライバーは、輸送契約にない付帯作業を行っていることが多い。物流センターでの荷そろえなど、運賃には含まれていない作業を当然のように行っていると聞く。ドライバーだけでなく、運送会社自体にも無償で作業を求めているケースもあり、過剰な負担がかかっている。



     「いわゆる協力金などの要請ではなく、荷主から人手を求められることもある」と神奈川県のある運送事業者。ほとんどが中小・零細規模である運送業では、ドライバー以外の人件費は極力減らし、事務所内は最小限の人数にしていることが多い。同社もそうした事業者の一つだが、荷主である元請けからは、ドライバー以外の事務所の人間も物流センターの作業に出ることを要請されるのだという。

     新規の仕事を受託し、積み込み場所や方法などをドライバーに教えるために、荷主の物流センターでの作業立ち会いを運送事業者の営業所長が行った。ここまでは運送事業者側が行うものだが、これ以外に荷主からの要請が増えてきたという。

     荷主から、本来の業務契約にない積み込み立ち会いを求められた同社。荷主の創業キャンペーンで一時的に商品出荷量が増え、物流センターの作業量も増加するため、運送会社にも手伝って欲しいというものだった。荷主からの求めであれば断るわけにもいかず、運送会社では積み込み作業の手伝いや、普段より多く構内に入ってくるトラックの交通整理をした。運送会社から荷主の物流センターへドライバーや事務員が出向いているわけだが、これら作業の人件費は荷主から一切出ない。

     反対に、元請けから同事業者に料金を求められることはある。安全対策として元請けが「監査」との名目で調査に来るのだが、その費用は下請け側が出す。交通費や出張費、人件費などは元請けに請求されるのだという。下請けである同事業者は「こちらで要請したわけでもないのに、勝手に監査に来て料金まで請求されるのは納得いかない」と憤っている。(千葉由之)

     

    Warning: file_get_contents(https://graph.facebook.com/v2.7/?id=https%3A%2F%2Fweekly-net.co.jp%2Ftopics%2F26698%2F&access_token=1717908261793858|L_psnS3KzzYizptWAutP4ZfvbbY): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/weeklynet/weekly-net.co.jp/public_html/wp/wp-content/themes/weekly/tmp_sns.php on line 18
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら