Now Loading...
 
  • トピックス

    第135回:「期末決算」減らしたい消費税

    2013年4月26日

     
     
     

     会社は毎年必ず決算をします。その決算で、会社が赤字であれば利益に対する税金を支払うことはありませんが、消費税だけは必ず支払います。


     しかし、今からお話しする社長さんは何とかこの消費税を減らしたいといつも考えていました。 昨年は金融機関から借金をして、大規模な店舗改装をしたので、工事代金にかかる消費税分だけ決算に掛かる消費税が減少しました。しかし、今年も大規模工事をしたくともありませんし、消費税対策で工事をするために金融機関からそうそうお金を借りてばかりいられません。

     そこで、その社長さんが考えた今年の戦法は、決算期末に多くの仕入れをすることでした。この決算期末の仕入れに掛かる消費税は決算で計算される消費税に含められるので、支払う消費税は減少します。この仕入れの売り上げはすぐには起こらず、売り上げの消費税はなしで仕入れの消費税だけ決算に関係します。つまり、売り上げにかかる消費税は来期の決算に関係することになり、その分消費税が浮いてくるというのです。この決算期末の仕入れは月末仕入れですから、すぐに支払いが回ってくることはありません。20日締めの業者さんでは月末仕入れは翌月20日に締められ、会社は翌月に支払いをするので代金は後払いで消費税のみ減るという考えです。月末に仕入れた商品は決算で在庫に計上します。

     これで今年の消費税も減少して社長さんは喜んでいました。しかし期末仕入れの商品は翌期に売れ、また消費税が翌期に増えることになるので、それをどうしようかと悩んでいます。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら