Now Loading...
 
  • トピックス

    荷主ニーズに合わせ 人材育成で会社が成長

    2013年7月24日

     
     
     

     大阪府泉佐野市に本社を構える運送事業者は、開業当初はただ運ぶだけの普通の運送会社だったが、今では車両台数100台を超え、倉庫や営業所などを全国に6か所設け、グループの総売り上げは30億円を超える企業に成長した。



     同社は運ぶ、保管、人材派遣など運送事業に関係している分野に取り組んでいる。海外からの輸出入の手続きとして通関業務も通関士を派遣するなどして、荷主企業からの信頼は絶大。さらに、保管においても物流に合わせて空調倉庫、危険物、一般雑貨に至るまで様々な荷物が保管できるシステムで荷主ニーズ、アウトソーシングに全て対応している。荷主が荷主を紹介し、次第に本社事務所、倉庫数も増加、拡大していった。

     同社経営者は「経営陣が通関業務が出来なければ通関士を育てる。また、海外との交渉で英語を話せる人材、PC操作できる人材など、必要な人材を自社で育てる。今いる人材で対応できない仕事も、ニーズに合わせて人材を育て、荷主の足りない部分を当社が補うことで荷主との信頼関係は絶対のものとなる。人材を大事にしない企業は絶対に事業は拡大しない。会社、社会に貢献してもらうためにも人材は大切に育成することが必要だ」と話した。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別記事一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら