Now Loading...
 
  • トピックス

    「嬉しい」の声続出 トラック協会のエコタイヤ助成

    2013年10月31日

     
     
     

     最近、環境にも優しく、燃費も向上するタイヤを各メーカーが販売している。大ト協は会員事業者に対し、エコタイヤ(メーカー指定限定)1本につき3000円を助成する制度を、来年2月28日まで行っている。タイヤ40本、車両3台までで、最大12万円の助成となる。



     大阪府和泉市で大型やトレーラを保有するA社では「偶然、ト協の通知に目を通した時にエコタイヤの助成制度を知った。ほとんどの車両にエコタイヤを導入しているので、領収書や車検証の写しなど必要な書類を用意して申請した。当社は70台の車両を保有しているためわずかな金額だが、燃料価格高騰、タイヤ価格も原油価格の高騰で値上がりしているため、ちょっとした助成でも本当にありがたく感じた」と話す。

     また、同堺市のB社でも「タイヤは消耗品で、あまり高額なタイヤは必要ないと考えていたが、販売店からエコタイヤは転がり性能が高く長寿命で、グリップ性能も高いと教えてもらい導入した。今なら助成制度があるということで、大型車3台分で申請した。トラックにとって、タイヤはドライバーの命と大切な荷物を無事に目的地まで運ぶものなので、助成制度は本当に嬉しかった。身近なものに対する助成制度がもっと増えれば、中小・零細の運送会社に喜ばれるのではないか」と話す。

     同市のタイヤ販売会社は「大ト協に加入しているユーザーには、指定のエコタイヤを導入すると助成を受けられると告げている。ト協に加入していても助成制度を知らないユーザーもおり、消耗品の助成はどの事業者も喜んでいる」と語った。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら