Now Loading...
 
  • トピックス

    実運送経営者 尽きぬ苦悩や理不尽…

    2015年10月26日

     
     
     

    konai_1026.jpg 「国民生活にとって欠かすことができない重要なライフライン」と持ち上げられながら、常に過酷な事業環境に身を置いてきたのがトラック物流の主役である実運送業界の実情かもしれない。やり場のない憤りや理不尽は枚挙に暇がないが、そんな日常の一コマをのぞいて見ると…。



     近隣の元請け運送会社に傭車として大型トラックで出入りしていた下請け事業者の30歳代のドライバーが過日、「元請けに引き抜かれてしまった」と兵庫県の下請け社長。その仕事用に車両を購入しただけに、乗り手を失った大型トラックは車庫の飾りに。元請けも自社トラックで同じ業務をこなしており、怒りが収まらない社長が一部始終を荷主担当者に直訴したところ、「(移籍ドライバーを)同じ業務に就かせない」と約束。元請けにも抗議すると「大型の乗務員として50歳代後半のドライバーを?譲る?という。20歳も年の差があるトレードでは大損だ」と息巻く。(詳しい内容は、物流ウィークリー10月26日号に掲載しております)

     
     
     
     
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •