Now Loading...
 
  • トピックス

    プロドライバー養成のジャパンロジスティクスアカデミー設立

    2017年3月21日

     
     
     

    0321.jpg 「ドライバーの地位向上を図りたい」「子どもらが憧れる職業にしたい」――。そんな思いを抱いて今月1日、一般社団法人ジャパンロジスティクスアカデミー(JLA)が埼玉県越谷市の関根エンタープライズ(関根崇裕社長)によって設立された。1年目は社内の人材育成とカリキュラムなどを構築し、2年目から外部の受け入れを開始する。最終的には専門学校としてプロの職人ドライバーを養成していく考えだ。



     JLAの代表理事も務める関根社長が「ドライバー教育の学校を作りたい」と考えたのは、今から8年前のこと。運送会社を営む中で、「ドライバーの社会的地位をもっと上げられないか」「子どもが憧れる職業にできないか」という思いを抱いた。若者が入ってこない、入りたいと考えても親や家族が反対するケースも少なくなかった。関根社長は「それが悔しくて仕方がなかった」という。ドライバーのステータスを上げるためにはどうすればいいかを考え、出した答えは「教育学校を作ること」だった。同社長は、社内や社外、あらゆるところでこの夢を語った。そのたびに賛同者や理解者を得られたというが、受講料など様々な問題に直面した。それでも諦めず、理解者を増やしながら準備を進めた。

    (詳しい内容は、物流ウィークリー3月20日号に掲載しております)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別記事一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら