Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第192回:出会い頭の勝負

    2013年4月24日

     
     
     

     広告の勝負は一瞬で決まります。
     例えば、検索エンジンの検索結果をクリックして訪れたホームページを、じっくり閲覧するか、すぐに離れるかを、ターゲットが判断するスピードはわずか数秒だと言われています。ですから作り手は、一瞬でターゲットの心をつかめるように、工夫を凝らさなければなりません。


    funaihashimotorensai.jpg
     フォークリフトに関するトータルソリューション企業、ピー・シー・エスのホームページ(http://www.p-c-s.co.jp)のランディングページは、開けばすぐに、興味を惹く演出がされています。ランディング(着地)ページとは、検索結果をクリックして、初めに開くページのことです。
     買取サービスの紹介ページ上部のすぐ目の付くところには、「専門店だから高額買取!」と、自社の差別化要因が、ズバリ書かれています。そして、「買取査定 年間1000台」という、ターゲットを安心させる数値実績を掲載しています。さらに、ターゲットが最も気になる情報のひとつである、買取実績の掲載ページへのバナーも目立つように付けられています。このように、見てすぐ、出合い頭に勝負をかけなければなりません。
     あなたのホームページのランディングページを開いてみてください。わずか数秒で、ターゲットにとって見るべきページだということが分かるようになっているでしょうか?
     商品・サービスの〝売り〟が一瞬で分かるキャッチがあるでしょうか? 一度、点検してみましょう。
    (株式会社船井総合研究所・橋本直行)
    ☆船井総研が運営する環境ビジネス情報サイト「eco-webnet.com
    ※記事は12年7月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら