Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第204回:目的の明確化と効果の数値化

    2013年7月17日

     
     
     

     先日、ある物流会社のカイゼンコンクールに参加しました。チームごとに分かれての発表で、どのチームも素晴らしかったのですが、特にポイントだと感じた点は、以下の2点です。
     まず一つ目は、5Sやカイゼン活動の目的とメリットを明確にされていた点です。船井総研には、弊社創業者の船井幸雄が提唱する「1:1.6:1.6の2乗の法則」というルールがあります。ただ単に仕事をしたときの成果(≒やる気)を1とすると、その仕事の目的や意味を理解した上でする場合の1.6倍になると説いています。


    funaikawa.jpg
     さらに、その仕事の企画段階から携わり、自発的に行ったときは1.6の2乗倍、つまり2.56倍の成果を得られるというルールです。ですから、その取り組みの目的や、それをすることによって得られるメリットが明確になっていれば、より成果に繋がりやすいのです。5Sやカイゼン活動について、現場スタッフ自身で話し合い、取り組みを決めると、最も効果が出やすく、また継続するでしょう。
     そして二つ目は、効果を数値化されていたことです。その活動をしたことにより、「何秒短縮できたのか」「何歩動きが減ったのか」「何円削減できたのか」「何パーセント効率が上がったのか」「何平方㍍スペースを削減できたのか」というように、カイゼン活動を定性的だけではなく、すべて定量的に効果測定されていました。数字で表すことで、より時間や金額への意識を高めることができ、また、目に見えることで、取り組みへのモチベーションも高まるでしょう。
     ぜひ5Sやカイゼン活動に力を入れられている企業様は、「目的の明確化」と「効果の数値化」を意識していただければと思います。
    (船井総合研究所・河内谷庸高)
    ☆船井総研が運営する環境ビジネス情報サイト「eco-webnet.com
    ※記事は12年12月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら