Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第222回:人材定着率の向上に取り組む

    2013年11月24日

     
     
     

     ますますの人材難が見込まれるこれからの時代には、人材の定着率が高い物流企業が競争力を持つことになるでしょう。辞める人の多くは、仕事がうまくいっていません。たとえ、今はうまくいっているようでも、将来には不安を抱えています。ただし、仕事がうまくいかない理由は、仕事の中にだけあるのではありません。
     以前、ある運送会社の経営トップが、「お金、家庭、健康のうち、二つ以上の項目で問題を抱えていたら、そのドライバーは近いうちに事故を起こす可能性が高い」とおっしゃっていました。うなずけるルールです。


    funaihashimotorensai.jpg
      しかし、こういった仕事から少し外れた事柄は、なかなか他人に相談しにくいものです。特に、直属の上司には相談しづらいケースがあります。ですから、会社として相談の手段を整備、または指導してあげる必要があります。
     例えば、S倉庫会社では、比較的辞めやすい年代である若手社員向けに、「メンター制度」を導入しています。直属の上司ではない先輩社員が、定期的に若手社員と1対1で昼食を取る機会をつくっています。若手社員1人につき、担当の先輩を1人付けているのです。
     担当者の選定条件は、「ひたすら話を聴ける人」です。この施策が功を奏し、同社の人材定着率は飛躍的にアップしました。
     人材定着率向上は、どの企業も今すぐ真剣に取り組むべき課題です。「メンター制度」の導入を含め、早急に検討してみてください。
    (船井総合研究所・橋本直行)
    ☆船井総研が運営する物流ビジネス情報サイト「http://www.ecologi.net
    ※記事は13年3月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら