Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第238回:信頼感を与える専門用語

    2014年3月16日

     
     
     

     先日、物流会社が主催する通販会社・ネットショップ向けセミナーに受講者として参加しました。荷主視点で参加したのですが、この会社に物流の相談をしてみたいな、と思わせるポイントがありました。
     それは、物流自体の知識やノウハウが豊富かどうかと言うよりも、自社(荷主)の業界のことをよく知っているかどうか、ということです。


    funaikawa.jpg
      例えば、前述のセミナーで言うと、WMSだけでなく、荷主の受注管理システムについてアドバイスしたり、大手ネットショップや大手モールの動向について紹介したり、と通販会社自身も知らない内容を話されていました。
     一参加者として感じたのは、「荷主業界知識≒物流品質」ということです。通販・ネットショップの方からすると、物流の難しいことはわからないけど、通販・EC業界のことをよく知っているということは、その通販物流の品質も高いのではないか、と感じるのです。
     特に、荷主業界の専門用語を使うことで、一気に心理的距離が縮まり、安心感や信頼感を与えることができます。荷主業界特有の言葉を使うと、業界に対する知見を持っており、構造や課題についてよく理解していると感じてもらえるでしょう。
     もちろん、それはセミナー時だけではなく、お客様との商談の場や打ち合わせ時でも同様です。反対に、避けるべきは、物流業界の専門用語です。当たり前ですが、お客様には伝わりづらく、理解してもらえず、敬遠されます。
     ぜひ、自業界の用語はできるだけ平易に、荷主業界の用語は専門的に、ということを意識してください。また、普段から、荷主業界の専門用語や共通言語を身につけるべく、情報収集や研究に注力してみてください。
    (船井総合研究所・河内谷庸高)
    ☆船井総研が運営する物流ビジネス情報サイト「http://www.ecologi.net
    ※記事は13年8月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら