Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第287回:小ロット購買の方が安くなるケース

    2015年2月16日

     
     
     

     何かを購入する際、多くの場合は、ロットを大きくした方が、単価は安くなります。しかし、それが当てはまらない場合もあることを、購買担当者は認識しておく必要があります。
     例えば、購買先企業が初期は利益度外視(逆ザヤ)で販売し、メンテナンスフィーなどのその後のランニング費用で儲けようと考えている商品です。初期の赤字をあまり膨らませるわけにはいかないため、大ロットよりも小ロットの購入のときの方が、単価は安くなる場合が、往々にしてあります。荷役自動車などは、その最たる例です。
     つまり、こういう商品を安く買いたいなら、まとめて購入してはいけません。毎回、相見積もりを取って、一つずつ購入するのが、実は正解なのです。


    funaihashimotorensai.jpg
     そして、可能であれば、その後のメンテナンス(点検、修理など)は、他の企業も併せて検討すべきでしょう。こちらについても、購買先企業と他の企業との相見積もりを取り、比較してみることをおすすめします。「○○ メンテナンス」といったキーワードでウェブ検索をかければ、よい専業者は出てくるものです。
     もちろん、あるべき〝共存共栄〟の視点では、適正コストで一社とがっちり付き合うべきですが、購買担当者には、持っておいていただきたい知識です。
    (船井総合研究所・橋本直行)
    ☆船井総研が運営する物流ビジネス情報サイト「http://www.ecologi.net
    ※記事は14年11月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら