Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第300回:トップの考えを浸透させる制度

    2015年6月26日

     
     
     

     ある程度以上の組織規模になると、経営トップの考えが、組織内になかなか伝わらなくなってきます。概ね30~70人の規模で、この現象が顕著に起こってきます。
     これを乗り越えるためには、規模の拡大に伴って、各種制度を構築していくことです。経営トップの温度が伝播しづらくなる分、仕組みで、ご自身の考えを浸透させなければなりません。
     それでは、どのような制度を導入すれば、経営トップの考えが浸透するのでしょうか?


    funaihashimotorensai.jpg
     それは、『経営トップの考えを示す制度』と『経営トップの考えを意識に刷り込む制度』の大きく二つです。経営トップは、まず考えを示し、各人の意識にしっかり刷り込んでいかなければなりません。
     それぞれの制度には、次のようなものがあります。
     (1)経営トップの考えを示す制度
     ①組織体制
     ②職能要件
     ③評価制度
     ④目標設定・管理制度
     (2)経営トップの考えを意識に刷り込む制度
     ①賃金制度
     ②昇進・昇格制度
     ③退職金制度
     ④賞与制度
     ⑤表彰制度
     つまり、まずは各人へ「何をして欲しいのか?」「何で評価するのか?」を示し、それぞれの成果に対して、信賞必罰で報いていくことが必要なのです。
     〝期待理論〟という理論があります。「人間は、その行動が成果に結びつくことが期待できなければ、思う存分に動けない。また、その成果によって報酬または負の報酬が期待できなければ、思う存分に動けない」という理論です。
     この理論に基づいて、構築されているのが、これらの制度です。人間の特性を考えると、このような解に行き着きます。
    (船井総合研究所・橋本直行)
    ☆船井総研が運営する物流ビジネス情報サイト「http://www.ecologi.net
    ※記事は15年2月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら