Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第349回:スマホファーストとスマホオンリー

    2016年6月6日

     
     
     

     スマートフォンの普及率向上とともに、企業のHPも、いかにスマホ対応するか、ということが重要になっています。特にBtoC(個人向け)サービス・商品や求職者向けのサイトは、いまやスマホ対応が必須といっても過言ではありません。
     しかし、ここ半年ぐらいでBtoB(企業向け)サービスの場合でも、スマホ対応の重要性が非常に高まっています。
     ■荷主もスマホで探している
     物流会社のHPでも、以前はだいたい20~30%ほどだったスマホ比率が、多くの会社で40~50%まで上がってきています。つまり、荷主企業もスマホで物流会社を検索している人が増えているということです。実際に荷主向けページもスマホ対応しているサイトの方が、問い合わせ件数が伸びています。この傾向は、この半年ぐらいで顕著に表れています。LINEに代表されるように、ほぼスマホにしか対応していないサイトやアプリが増加するにつれ、スマホの普及率だけでなく使用率も高まっているのでしょう。


    funaikawa.jpg
     ■スマホファースト/スマホオンリー
     たとえば、facebookの利用デバイスの推移ですが、昨年はじめて「スマホだけで使っている」という人が、「スマホとパソコンを兼用している」人を超えました。近年、EC事業に新規参入している通販会社は、スマホ向けサイトしか作らないという企業が増えているそうです。物流会社の場合、スマホオンリーとまではいかないにしても、スマホファーストという観点から自社は、どのように対応するのか、ぜひ検討いただければと思います。
    (船井総合研究所・河内谷庸高)
    ☆船井総研が運営する物流ビジネス情報サイト「http://www.ecologi.net
    ※記事は16年4月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら