Now Loading...
 
  • ブログ・花房 陵

    調べながら運ぶ、数える、歩いてゆく

    2008年1月15日

     
     
     

    ●景気の低迷を切り抜ける
    一番は競争しない強いサービスを持つこと、2番は競争で勝ち抜きができること、3番はほどほど
    だけどきっちり残していること、老舗の商売は3つに分類できます。
    ビジネスの基本もこんなパターンでしょう。重要なのはほどほど、目立たず、勢いがなくてもきっちり
    固めていて漏れのない商売を続けることです。
    ミスをなくし、ロスをなくし、ひとつひとつの仕事を大切にして、積み上げ、リピートを獲得していて、
    順調な流しを続けることです。全体が縮小傾向にあるときに、無理な販売促進は効果が出ません。
    あせっても大口の商談は探しにくいし、その半面で重要顧客を落としては仕方がありません。
    守りの経営、そんなスタートが今年の流行になるかもしれません。リスクマネジメントがはやってい
    るのもこんな守勢にあるのでしょう。
    創業と守勢、どちらが難しく、どちらが必要か。どちらも重要だけれども、時代や環境に合わせるた
    めにも双方の取り組みを知ることが必要ですね。
    ●多様化する物流サービスを発見する
    考えるだけでは進化できません。しかし、長考は必ず回答を出すでしょう。必要な情報を集めなけ
    ればなりませんね。走りながら、身の回りを調べることが大事です。働きながら、仕事をしながら、
    周りを見る、調べる、変化を探してみる。こんな姿勢が発見につながります。
    景気が悪いのは主人公の経営者にとってで、新参や新規のビジネスを考え出す人にしてはいつも
    追い風が吹いているといいます。チャンスは前髪しかなく、通り過ぎるものですから、敏感な人は
    一気に走り抜けます。
    多様化する物流サービスを生み出すためには、このような走っている企業家と出会う必要があります。
    ●営業は気づきだ
    車両を売るのは簡単、価格で勝負すればよい。サービスを競うのは簡単、料金で下を行けばいい。
    だめな営業はすぐに料金でクロージングしようとします。仕様や適用を考えないで表面的な料金で
    競争すれば、かっても負けても苦労するのは目に見えているのに、料金競争から抜けられない。
    料金だけではない、提案や驚きを待っているお客もいるのです。
    『物流でそんなことまで出来るんですか!』巡回配送と看板の引取りを申し出たときに、びっくりした
    部品メーカーさんです。自動車業界なら当然の引き取りサービスが、家電業界でははじめての経験
    だったんです。食品でも当たり前、文具や印刷用紙の配送でも当然ですが、でもまったく始めての
    経験だという人もいます。コストが違いますか?手間が増えますか?はじめるのに時間と準備が
    ややこしいですか?
    異業種のサービスを取り入れれば、物流が出来る範囲、広がる範囲がまだまだあります。
    サービス産業に物流サービスで挑むのが今年のチャレンジですね。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    花房 陵

    イーソーコ総合研究所 主席コンサルタント
    コンサル経験22年、物流から見た営業や生産、経営までをテーマに 28業種200社以上を経験。業種特有の物流技術を応用して、物流 の進化を進めたい。情報化と国際、生産や営業を越えたハイブリッド 物流がこれからのテーマ。ITと物流が一体となる日まで続けます。

     
  • 「ブログ・花房 陵」の 月別記事一覧

     
  • ブログ・花房 陵」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら