Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【既得権の危険性】

    2015年1月26日

     
     
     

    一度、お付き合いができた顧客の満足度を高め、継続的な取引に
    発展させていくことは、事業を安定化させる意味で、非常に重要な
    ポイントです。
    そのため、多くの企業は、既存顧客のフォローの仕組みを整える
    ことに注力しています。
    しかし、オリックスのシニア・チェアマン、宮内義彦氏は、既存
    顧客からの売上を『既得権』と言い、そのフォローばかりに注力
    していると、企業としての競争力が弱まってしまう危険性があると
    説いています。
    なぜなら、あまり何もしなくても売上を確保できることで、現場の
    新しいことに挑戦しようという意欲が、だんだんと低下していく
    からです。
    宮内氏曰く、「他社と競ったり、新たな提案を行なったりする機会が
    減り、ルーティンの仕事がしかしないことで、仕事の変化に対応した
    スキルやノウハウは社内に蓄積せず、世の中の流れから徐々に取り
    残されて、気づいたときには他社と差別化できる優位点をまったく
    欠いた、競争力に乏しい企業へと転落していた、ということになり
    かねません」。
    攻める意欲や力は、一度失うと、なかなか取り戻せません。
    天敵のいない場所に住んでいる野生動物が、外敵に対抗する機能を
    退化させてしまうのと似ています。
    既得権にしがみついている者は、間違いなく、弱体化するのです。
    ・「Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら