Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    トップダウン改善の仕組み

    2018年4月6日

     
     
     

    アマゾンの強い競争力の理由のひとつとして、業務改善能力の高さが
    挙げられると、アマゾンジャパンの創業メンバーのひとりから教わり
    ました。

    同社は、現場の問題を適宜挙げて、早期に解決するための仕組みの
    構築に並々ならぬ力を注いでいます。

    それらの中でも、私が特に感じ入ったのが、「C2プログラム」です。

    C2とは、カスタマーコネクションの略だそうです。

    このプログラムは、現場の裁量権では対処するのが難しく、放置
    されている問題を発見し、トップダウンで解決を図る仕組みです。

    内容は、上級管理職が、年に一度、自ら現場のオペレーション業務
    (倉庫業務、コールセンター業務など)に従事し、その体験から
    問題を認識し、即時処理で解決策を考案、実行指示を出すという
    ものです。

    このプログラムがあることにより、構造的、費用的に、より大きな
    視点で解決を図らなければならない問題の解決ができるのです。

    ぜひ真似すべきプログラムだと思います。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら