Now Loading...
 
  • ブログ・高橋 久美子

    第301回:HPを見られる仕組みの作り方

    2015年12月14日

     
     
     

     アクセス解析のユニークユーザー割合を分析することでホームページ(HP)から問い合わせが入らない原因が特定できたら、次は、その原因を改善するステップに進みます。
     今日は、一つめの原因の「見られていない」(そもそも、あなたの会社のHPが荷主候補に閲覧されていない)ことが原因の場合の改善方法をお話ししていきます。「見られていない」のですから、まずは「見られる仕組み」を作る必要があります。それでは、どうすれば「見られる」ようになるのでしょうか。
     ここで、まずは新規荷主企業が、どうやってインターネットであなたの会社のHPにたどり着くのかを、一緒に想像してみましょう。


     今ここに、荷物を運んでほしいと思っている荷主企業の担当者がいます。「この荷物を運んでくれる運送会社を見つけなくちゃ」と、パソコンの前に座ります。
     「運送会社って、どうやって探せばいんだろう?」と、とりあえず、いつも使っているようにヤフーやグーグルの「検索画面」を開きます。その会社が、仮に兵庫県で食品関係を扱う会社だとしたら、おそらく次のようなキーワードを入力するのではないでしょうか。「兵庫県 食品配送」「兵庫 食品輸送 運送会社」、あるいは、急ぎの場合は「兵庫県 緊急配送」と入力するかもしれません。すると、検索結果画面には、そのキーワードに合致した会社の情報が表示されます。
     このとき、検索結果画面にあなたの会社が表示されていれば、この荷主候補はあなたの会社のHPにたどり着くことができるわけです。
     実際に、あなたの会社の荷主候補の検索条件を想定して、ヤフーやグーグルにキーワードを入力してみてください。あなたの会社の情報は、検索結果画面に表示されているでしょうか? また、上位に表示されているのは、どんな会社でしょうか。もしかしたら、あなたのライバル会社かもしれません。だとしたら、あなたの営業エリアで「インターネットで運送会社を探している荷主候補」は、このライバル会社に問い合わせをすることになります。
     つまり、あなたがすべきことは、あなたのエリアの荷主候補が運送会社を検索したときに、検索ページで「ライバルより上位に、あなたの会社のHPの情報を表示させること」になるわけです。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    高橋 久美子

    あなたの会社が儲かっていない本当の理由
    規制緩和により、夢大きく独立開業した運送会社の社長たち。その社長さんたちが、規制緩和後の業界環境の変化により、今、とても厳しい状況に立たされています。経営不振の影響によるメンテナンスの不備も懸念され、それが引き起こす悲惨な交通事故も、連日ニュースで報道されています。このような危機的状況を受け、中小規模運送会社の根本的な経営改善と救済を目的として発足したのが、私たち「全国中小規模運送会社 経営改善推進委員会」です。

    全国中小規模運送会社 経営改善推進委員会

     
  • 「ブログ・高橋 久美子」の 月別一覧

     
  • ブログ・高橋 久美子」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら