Now Loading...
 
  • ブログ・高橋 久美子

    第303回:最初に試すべきネット広告とは?

    2015年12月28日

     
     
     

     今週は、小さな運送会社がとるべきインターネット広告について詳しくお伝えします。小さな運送会社がとるべきネット広告とは、「絞り込みの広告戦略」です。想定しているお客は、一般消費者ではなく企業です。BtoBの広告になります。
     この「絞り込みの広告戦略」は、全国に営業所を持たない、営業エリアが特定できる運送会社こそ、効果的に活用することができます。また、費用対効果が高いので、経営資源量の少ない、小さな運送会社にお勧めの方法です。
     最初にあなたに試してほしい広告は「PPC広告」というものです。PPC広告とは「Pay Per Click(ペイ・パー・クリック)」の略で、文字通りクリックごとに課金される広告のことです。掲載にはコストがかからず、広告が実際にクリックされたときだけ広告費用が発生する、クリック課金型のインターネット広告を指します。


     掲載料がかかる広告と違って、反応がない場合は費用も発生しません。このPPC広告の中でも、特に小さな運送会社にお勧めする方法が「検索エンジン連動型広告」というものです。これは、ヤフーやグーグルの「検索窓」にキーワードを入れた「検索結果画面」に広告を掲載する方法です。
     さて、ここであなたに考えてほしいのですが、あなたが求めている荷主候補は運送会社を探すときに、この検索窓にどんなキーワードを打ち込むでしょうか。
     運送会社を探しているのですから「運送会社」と打ち込むでしょうか。それだと、ちょっと大きすぎるので、もう少しキーワードを絞り込みそうですね。「愛知県 運送会社」のように、県名やエリアを入れるかもしれません。また、「愛知県 建材配送 運送会社」「埼玉県 冷蔵食品 トラック」のように、エリア名・荷物の特性・トラックまたは運送会社の3種類のキーワードを入れることで、ぐっと絞り込みができてきます。
     このように、エリアを絞り込むことができるので、全国に営業所を持たない、地域に根付いた運送会社にお勧めの方法だというわけです。また、広告が表示される地域も絞り込むことができます。あなたの営業エリアで使用されているパソコンだけに、あなたの広告が表示されるように設定することができるのです。「クリックされた時だけ課金」「エリアを絞り込める」というまさに、小さな運送会社に適した広告です。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    高橋 久美子

    あなたの会社が儲かっていない本当の理由
    規制緩和により、夢大きく独立開業した運送会社の社長たち。その社長さんたちが、規制緩和後の業界環境の変化により、今、とても厳しい状況に立たされています。経営不振の影響によるメンテナンスの不備も懸念され、それが引き起こす悲惨な交通事故も、連日ニュースで報道されています。このような危機的状況を受け、中小規模運送会社の根本的な経営改善と救済を目的として発足したのが、私たち「全国中小規模運送会社 経営改善推進委員会」です。

    全国中小規模運送会社 経営改善推進委員会

     
  • 「ブログ・高橋 久美子」の 月別一覧

     
  • ブログ・高橋 久美子」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら