Now Loading...
 
  • ブログ・川﨑 依邦

    経営再生物語(213)捨て身の話し合い〈事例A〉

    2018年9月3日

     
     
     

    〈つぶれるよりは……〉

     

     A社長は、勧告書骨子を実行することを決断した。経理も配車係の古参幹部も、初めはとまどいの色をみせた。

     「そんなことができるのか」

     「そこまでしないと会社は存続しないのか」

     一方、労働組合は抵抗した。ところが最終的には合意した。決め手は勤続20年のベテランドライバー5人からの協力申し出である。

     「先代にはお世話になったし、2代目も学生のころからのつきあいだ。協力するよ。会社がつぶれてしまうのは悲しい。確かにつらいけど金で済むことだ。つぶれてしまうのは、もっとつらい」

     合意に当たっての労働組合の言い分は「A社長、もっとがんばってくれ、もっといい仕事を取ってきてくれ。我々ドライバーはハンドル握ってがんばるよ」だった。

     A社のケーススタディが示すものは、トップの捨て身戦法の迫力である。〝身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ〟ということである。

               以上

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    川﨑 依邦

    経営コンサルタント
    早稲田大学卒業後、民間会社にて人事・経理部門を担当し、昭和58年からコンサルタント業界に入る。
    63年に独立開業し、現在では『物流経営研究会』を組織。
    中小企業診断士、社会保険労務士、日本物流学会正会員などの資格保有。
    グループ会社に、輸送業務・人材サービス業務・物流コンサルティング業務事業を中心に事業展開する、プレジャーがある。

    株式会社シーエムオー
    http://www.cmo-co.com

     
  • 「ブログ・川﨑 依邦」の 月別一覧

     
  • ブログ・川﨑 依邦」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら