Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    物流改善のポイント

    2008年10月16日

     
     
     

    世界経済の不安
     「読書の秋」に歴史ロマンでも読もうと思っていますが、なかなか時間がとれずにいます。ただ、大河ドラマ「篤姫」を見て、気分転換を図っています。
     最近の乱高下する株式相場、地球温暖化と異常気象の進展、原油相場の高騰とエネルギー危機、日本経済の低迷などを見ていると、篤姫の活躍した幕末さながらの混迷も感じてしまいます。
     
    物流改善のポイント
     メーカーの物流部などが中心となって物流改善を行う場合、まず自社の製品や生産に関連する部品、資材などがどのような形状をしているのか、重量はどれくらいあるのか、物量はどれくらいになるのか、といった「物流特性」を十分に把握します。「いかにモノの流れを効率的、戦略的に行うか」ということを考えるわけです。
     そしてそのうえで、トータル物流コストの低減・適正化を進めます。ただし、過度なコスト削減策は逆に「裏コスト」の発生を招くなど、反作用を引き起こすこともあるので注意しましょう。
     また、以下の点にも留意してください。
    ① 在庫量の適正化
    ② リードタイムの短縮
    ③ 輸配送計画の見直し
    ④ 物流センター内の作業方法の改善
    ④ ロジスティクス戦略プランの策定

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら