Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    物流共同化の条件

    2009年8月3日

     
     
     

    情報化社会の次なるステップ
    自動車免許の更新に行ってきました。
    ご存知の方も多いと思いますが、免許にもICタグが付加され、次なる情報化社会のステージへのステップアップを予感させてくれます。
    物流共同化の条件
    物流の共同化を進めるうえで、「どうして物流を他社と共同でする必要があるのか」、「共同化することでどのようなメリットがあるのか」といった点について社内認識を徹底させておく必要があります。 
    また自社の物流サービス、物流コストなどの情報をパートナー企業に開示しなければならないケースも出てくるでしょう。
    物流の共同化を進めるにあたり、以下の点に注意するとよいでしょう。
    (1)社内認識の徹底
    (2)段階的な導入
    (3)共同化への調査
    (4)トラック運賃
    (5)社内意見の統一
    (6)共同化推進のリーダーの選定
    (7)パートナー探し

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら