Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    在庫管理におけるABC分析の導入

    2019年2月2日

     
     
     

    商品を戦略的に管理するうえで「ABC分析」の理解と導入は欠かせません。商品ごとに売上高・出荷量などを把握し、全体に占める各商品の売上高・出荷量などの割合を出す分析方法のことを「ABC分析」といいます。

     

    ABC分析を導入したうええ、一般的に全体の7~8割の出荷・売上を占める商品をA品目、1~2割程度を占める商品をB品目、残りをC品目とし、売れ筋の商品を中心に在庫管理を行います。

     

    分類ごとにカテゴリー、アイテム数を管理することで在庫環境を向上させるようにします。

     

    ABC分析の導入にあたっては、商品のライフサイクルも見極める必要もあります。商品が導入期、成長期、成熟期、衰退期のいずれかにあるかで在庫戦略も大きく変ってくるのです。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別記事一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら