Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ドレーゲル 長寿命・正確なアルコール検知器発売

    2010年8月2日

     
     
     

     ドレーゲル・セイフティージャパン(東京都江東区)は、アルコール検知器「アルコテスト3500セット」を1月から発売している。
     ドイツに本社を構えるドレーゲルグループでは1953年の発売開始以来、10万台を超えるアルコール検知器を販売、世界的なマーケットシェアは50%に達する。また、インターロック装置のヨーロッパ標準化委員会の議長を務めるなど、名実ともにリーディングカンパニーとして知られている。


    0802sa.jpg 日本市場向けに開発された同検知器は、タバコや薬などといったアルコール以外の物質の干渉を受けにくい電気化学式センサーを採用。同社営業部の佐藤真部長(写真)は、「誤反応が少なく、正確に測定できるのが大きな特徴」と胸を張る。「飲酒していないのにアルコール反応が出て困っている、そんな簡易式タイプをお使いのユーザーからの乗り換えが増えている」という。
     使用方法は簡単で、2秒間、息を吹き込み、最短で3秒後に結果が表示される仕組み。「ボタンが1つしかなく、誰でも容易に使える。重さも195グラムと軽く、持ち運びにも便利」。単3電池2本で約1500回の測定が可能。充電式電池も使える。本体には250件のデータを記録でき、USBでパソコンにつないでまとめて管理することもできる。
     また、「センサーの寿命が長いのもユーザーにとって大きな利点」で、メンテナンス周期(18か月または3万6000回ごと)も長い。メンテナンスは交換方式で、校正済みの新しい検知器が届けられる仕組みだが、費用は1回1万2000円と安価に抑えられている。
     セットで販売されるモバイルプリンターとはワイヤレスで接続でき、検知器をかざすだけで、自動的に印刷を開始する。
     価格は検知器本体とプリンターのセットで8万9000円。マウスピースは100本で1万円。各ト協の助成対象製品にも選ばれている。
     佐藤部長は、「業務用検知器として完成度が高いと自信を持っている。ぜひ、活用してほしい」と語る。
     問い合わせは販売代理店のミドリ安全、電話03(3442)8294番。
    ◎関連リンク→ ドレーゲル・セイフティージャパン株式会社

     
     
     
     
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •