Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ドレーゲル 人名や日付で検索可能な飲酒検査システム発売

    2010年10月27日

     
     
     

     ドレーゲル・セイフティージャパンはこのほど、パソコンと連動しアルコールチェックができるシステム「アルコビューRT」を発売した。事前にドライバー名を登録しておくことで、誰が呼気を吹き込むか画面上で選択できる。
     測定結果は名前、検査時刻と合わせて記録され、コメント欄には100文字まで入力可能。アルコールを検知した場合はブザーが鳴り、画面上に赤色で警告を表示する。人名や日付で検査結果を検索でき、データはCSV形式で出力できる。


    1019-12.jpg
    
 同システムで使用する検知器「アルコテスト3500」は、タバコや薬などといったアルコール以外の物質の干渉を受けにくい電気化学式センサーを採用。正確に測定できるため、すでに数百社を超える運送事業者が導入している。
     単3電池2本で約1500回の測定ができる。メンテナンスは18か月または3万6000回ごとの交換方式で、新しい検知器が届けられる(1回1万2000円)。
     価格は、「アルコテスト3500」本体が5万9000円、ソフトとケーブルが3万2000円。
     問い合わせは販売代理店のミドリ安全、電話03(3442)8294番。
    ◎関連リンク→ ドレーゲル・セイフティージャパン株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら