Now Loading...
 
  • 製品・IT

    スカニアジャパン 大阪・天保山で初の車両展示会

    2013年7月8日

     
     
     

     スカニアジャパンは6月7日、大阪・天保山で初の車両展示会を開催。運送会社や関係者が訪れ、スタッフから説明を聞き、内装などに触れて確認していた。スカニアは、スウェーデンに本社を置く大量輸送用トラックのメーカー。
     展示車両は、6×4、6×2/4、4×2のトラクタ3台が用意された。6×4(490馬力)はリアがエアサス仕様、第5輪荷重25トンの重量物運搬車、6×2/4(490馬力)はバラ積み緩和車両運搬車、4×2(450馬力)は標準モデル。


    061803.jpg
     いずれの車両も、日本の新長期排ガス規制よりも厳しいユーロ6をクリア。また、長距離用に居住性が重視された設計になっており、オプションでコーヒーメーカーや冷蔵庫なども設置できる。
    ◎関連リンク→ スカニアジャパン

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら