Now Loading...
 
  • 製品・IT

    アール&ディ 見える化で効率UP、倉庫管理システム「たんと」

    2014年1月20日

     
     
     

     システムの開発から販売、保守メンテナンスを手掛けるアール&ディ(田村源人社長、大阪市西区)は、倉庫管理システム「たんと」を販売している。
     同製品は、倉庫内の図面情報をパソコン上で活用して商品別や在庫量を色別に表示できる仕組み。熟練者がいなくても誰でも簡単に荷物の配置場所や在庫量が把握できる。様々な物流倉庫のロケーションに合わせて倉庫図面の作成ができるように開発している。


    120216.jpg
     田村社長は「倉庫の見える化をキーワードに開発している。倉庫を上から見た図面が作成できるため管理がしっかりと行える。パートやアルバイトでも荷物がどこにあるかをすぐに見つけられる」と説明する。
     また、在庫量も簡単に把握できるように3種類のカラーで表示できるほか、マスター登録時に商品の大きさや寸法、パレットや棚の奥行き、高さ、幅を細かく設定することで、倉庫の大きさに対して荷物の保管割合が分かる容積率表示機能も付いている。
     「顧客が導入後も倉庫内の図面を自由に設定できる。図面をクリックすることでパレット保管や2段ラック積みなど保管内容も詳細に表示ができる」と話す。
     さらに、商品カテゴリー別や滞留期間、賞味期限などの在庫検索も容易にできることに加え、先入れ先出し機能も付いている。複数のピッキングを同時に行えるように出荷指示も出してくれるため効率よくピッキング作業ができる。
     同社長は「既存のシステムと連動することも可能なので現状のシステムを生かして使用していただきたい。儲かる仕組みを提供できるようにサポートさせていただく」と話す。
    ◎関連リンク→ 株式会社アール&ディ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら