Now Loading...
 
  • 製品・IT

    東昌運輸 雪かき用アタッチメント「ユキカッキー」発売

    2015年2月2日

     
     
     

     東昌運輸(東京都昭島市)は、フォークリフトの雪かき用アタッチメント「ユキカッキー」の発売を開始した。石塚正嗣専務は、「東京など雪が滅多に積もらない地域向けの製品で、『安価』というのが最大の特長」と説明。「運送事業者の目線で開発しており、『万が一への備えとして手が出せる価格』を実現した」と自信を見せる。
     開発のきっかけとなったのは、昨年2月に東京を見舞った大雪。同専務は、「フォークにパレットやコンパネを付けて雪かきをしてみたが、すぐに壊れてしまった。結局、スコップを使った人海戦術で丸2日かかった」と振り返る。
     昨今、年間を通じて異常気象が続き、都心部での大雪の回数も今後増えていくことが予想されている。同専務も、「駐車場に積もった雪を除去しないと入出庫できず、直接仕事に影響が出てくる。一体どうしたら良いものかと頭を抱えていた」という。


    0202y2.jpg
     保有するフォークを活用できないかと雪かき用のアタッチメントを探すも、「どれも本格的な雪国仕様で高価なものばかり。年に1回か2回、降るか降らないか分からない状況で、10数万円はとても出せない。ト協の先輩経営者たちに聞いても同様の意見だった」。
     そこで、「同じような悩みを抱える同業者にも有益なのではないか」と、「自分たちが欲しい商品」の開発を決意。地元の青年経営者団体で交流のあるメーカーに製作を打診し、同8月には開発に着手した。同9月には試作第1号機が仕上がり、微調整を経てこのほど発売を開始した。
     サイズは、幅1200mm×高さ500mm×奥行き650mm。価格は、無塗装のシンプルな「ローコストタイプ」が6万2000円(税別)。塗装・ゴム付きタイプが9万8000円(同、写真)。完全受注生産のため、様々な大きさのフォークの爪に対応できる。注文から発送までは20日程度。
    0202tou.jpg
     石塚専務は、「雪かき後の筋肉痛は数日残った。同じように困った経験がある方の役に立てれば」と語る。
    ◎関連リンク→ 東昌運輸株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら