Now Loading...
 
  • 製品・IT

    アリソンジャパン オートマトラックで事故回避

    2015年3月10日

     
     
     

     アリソンジャパン(東京都品川区)は日本市場にオートマトラックの普及を進めているが、7〜8年前から建機レンタルの大手に採用され出し、導入が拡大している。
     中心はダンプやクレーン、平ボディーなどの土木・建設関連向けの車種。各社が導入する最大の目的は故障の回避だという。マニュアル車で坂道を下る際にギアを一気に下げてしまい、エンジンが故障するなどのトラブルが頻発したため、「オートマであれば、それが防げる」として導入が進んでいる。
     同社はこのほど、「ストップ・スタートテクノロジー」、いわゆるアイドリング・ストップ機能を発表した。ドライバーがブレーキペダルを踏み込んだ時点でエンジンを停止し、車両を完全に停めるというもの。この間もトランスミッションは駆動状態にあり、電気ポンプを利用して出力を固定し、車両後退を防止する機能を果たす。ドライバーがブレーキペダルから足を離すと、システムが自動でエンジンを始動し、発進が可能になるという。


    020508.jpg
     昨年6月から7月にかけて米・カリフォルニアで実証実験が行われ、現在、市販化に向けたプロジェクトが進められている。
    ◎関連リンク→ アリソンジャパン株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら