Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ギークプラス 物流ロボット「ユーザーに合わせ柔軟に」

    2018年5月22日

     
     
     

    中国で物流ロボットの製造・販売を手掛ける中国ギークプラスが日本市場に参入するため、2017年に設立した日本法人のギークプラス(佐藤智裕社長、千葉県印西市)。

    同社は、フルフィルメントプロバイダーのアッカ・インターナショナル(加藤大和社長、東京都港区)が手掛ける案件への導入を皮切りに、早くも日本市場では注目されている。

    同社はロボットメーカーでありながら、使いやすさや、導入メリットをユーザー目線で提案することで他社との差別化を図っている。

    佐藤社長は「私を含め、物流業界を経験したことのある人間が営業を行っているため、ユーザーにとって、どうすればロボット導入によるメリットが得られるかという提案ができる」という。

    さらに、ユーザーにとってより使いやすいものにするために、開発者に指示をして、システムをつくっているため、ユーザーにとって使いやすいものを提供することができる。

    これこそが同社が注目を集める最大の理由であり、他の物流ロボットメーカーにはみられない強みとなっている。

    また、ロボットはすでに第5世代まで開発が進み、家電並みに使いやすいレベルにまで完成されており、物流ロボットでは世界的でもトップレベルの水準に達している。

    佐藤社長は「当社はロボットオタクが作った会社なので、高いレベルで開発が行われている」とし、「ユーザーに合わせたシステムのアップデートの依頼にも柔軟に対応することもできる」という。

    こうした高い技術力で現在、ロボットが自ら動ける範囲の地図を作成し、複数の移動区間を認識するSLAM方式(セルフマッピングシステム)を開発中で、9月ごろの販売にむけて開発が進んでいる。

    ◎関連リンク→ 株式会社ギークプラス

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら