Now Loading...
 
  • 製品・IT

    トランス・アイ「日本物流でんき」提案 年間1000万円のコストダウンも

    2019年3月16日New!!

     
     
     

    トランス・アイ(東京都豊島区)は、「ハルエネでんき」で知られる新電力会社ハルエネ(同)をパートナーに、物流業界に特化したプラン「日本物流でんき」を運送事業者に提案。ト協支部や協同組合とも提携し、導入実績を積み上げている。

    立石直樹社長は、「負荷率によっては、3割以上のコスト削減も可能」とし、「契約先を切り替えても、従来の電力会社の送電網を使って電気をお届けするので、停電が増えたり、電力供給が不安定になったりすることはない。これまで通りの品質で安心してご利用頂ける」と説明する。

    埼玉県で冷蔵倉庫を保有する運送事業者では、「日本物流でんき」に切り替えたことで、年間1000万円ものコストダウンに成功。「当初は、『そんな上手い話はないだろう』と疑われていたが、実際に請求額が激減したことで、『運送業界のためにもっと認知度を上げろ』と積極的に応援頂いている」という。

    同社では現在、無料のシミュレーションを実施、HP上でも受け付けている。

    問い合わせは、電話0120(305)316番。

     

    ◎関連リンク→ 株式会社トランス・アイ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別記事一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら