Now Loading...
 
  • 製品・IT

    NEXCO東日本 「新メニューコンテスト決勝大会」開催

    2007年3月19日

     
     
     

     NEXCO東日本は7日、SA・PAのレストランが地域色を生かした創作料理を競い合う「新メニューコンテスト決勝大会」を開催。
     審査委員長を「料理の鉄人」で知られる陳建一氏が務め、特別審査員としてダニエル・カール氏(写真中央)、青島和之氏が招かれた。
     大会のテーマは「華づくり」で、各ブロックの地区予選会を勝ち抜いた10社が、地域の名物料理や地元食材を生かしたメニューでグランプリを目指して熱戦を繰り広げた。
     グランプリに輝いたのは、関越自動車道下り線高坂SA(埼玉県東松山市)の「彩の玉手箱」(1350円)で、料理長の中村武さんは「素材選びに苦労したが、2年間考えた作品でグランプリがとれてうれしい」とコメント。
     また審査員特別賞では、陳建一特別賞に東北自動車道上り線那須高原SA「那須高原森の詩(うた)」、ダニエル・カール特別賞に常磐線自動車道上り線友部SA「友華弁当」、青島和之特別賞に東北自動車道上り線菅生PA「花暦伊達の四季彩膳」がそれぞれ選ばれた。
     なお、地区予選に出品された50作品は4月から各SA・PAで販売される予定。


    topics1780nexco.jpg

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら