Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    大型車の休憩施設問題 20年度中に駐車枠増設も「解消時期言えない」

    2020年5月19日

     
     
     

    高速道路を走る大型車が深夜時間帯を中心にサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)の休憩施設に入りきれない問題で、20年度中に全国で約900台分の駐車枠が増設される計画があることが国交省の今年度予算資料で分かった。資料は、「高速道路の安全性」に関する項目にまとめられ、国交省高速道路課は「休憩したいときに休める場所を作ることが安全性につながる」と説明。しかし一方で、休憩施設を交通需要に応じて適正に配置させる法律上の義務は国交省や道路会社にはなく、「全体的に増やして有効に使ってもらうことを運送事業者にお願いしていく」(中日本高速道路広報担当)との立場だ。休憩や休息が労働法令上の義務となっている運送事業者から見れば、自社乗務員の休憩場所確保が大前提で、道路の利用者と管理者の思惑の溝はなかなか埋まりそうにない。

    休憩施設の駐車枠不足に関して国交省は、交通安全対策推進費として、他の項目もあわせた予算1688億円を20年度予算に盛り込み、3月末に国会で可決され成立した。

    予算資料によると、今年度中にNEXCO3社を合わせた全国36箇所のSA・PAで約900台分(大型車と普通車の合計)の駐車枠を増設する。

    900台分の枠の増設によって特に深夜帯、大型車が駐車に困ることはなくなるのか。

    中日本高速道路管内の高速道路では昨年、関西方面へ向けて東京を夕刻に出発したトラックが、愛知県内でSAの駐車枠が見つからない事態に陥った。法令上定められた連続運転時間4時間を越えない場所で深夜、休憩を取ろうと路肩に寄せたトラックに、別のトラックが追突。高速道路上駐車しようとしたトラックと、前方不注視のトラックのどちらの過失が大きかったかを巡る争いが続けられている。

    両者の道路交通法上の過失の問題もさることながら、そもそも休みたいタイミングで駐車枠が確保できない休憩施設の整備体制の問題も問われる事態だ。

    駐車枠の増設に関して国交省道路局有料道路課は本紙取材に、「大型車の駐車枠の問題が解消できるかは、いつまでというのは言えない。1箇所増設しても、また別の箇所が不足することはあり、いたちごっこにならざるを得ない」と説明し、20年度内で課題が解消されるとの見通しがないことを示唆する。

    大型車需要の多い3大都市圏の高速道路のほとんどを管理する中日本高速道路は、「深夜、各SA・PAに停まる大型車をカウントして、駐車枠の増設計画を作っている。いま飽和しているSA・PAで枠を増設したとしても逆に余っているところもある。通年調査でそのマネジメントが必要になってくる」と本紙に回答している。

    大型車の駐車枠不足に関しては国交省の審議会「国土幹線道路部会」でも課題となっている。

    東名高速海老名SA(神奈川県)に関して、「大型車の6時間以上の長時間駐車は全体台数の7%だが、滞在量は55%となる」(同部会18年7月27日資料)と指摘。また、午後6時から翌午前5時までの間に、大型車の海老名SAでの滞在時間が6時間以上12時間未満と長くなる傾向にあることを、同部会の資料は図表で示している。

    駐車枠不足は長時間駐車をする大型車側にも問題があるとして同部会資料には、混雑が常態化している全国約250のSA・PAに関して「長時間駐車の抑制」の文言も見られる。

    国交省によると、交通需要に応じる形で駐車枠を増設する法的な義務は、道路管理者側にはないという。

    深夜割引延長 求める声多く

    大型車の駐車枠の増設は、18・19年度の2年間で全国約1000台分の大型車枠が設けられた。

    中日本高速道路によると、2年分の増設がどのように混雑の緩和につながったかを検証し、まもなく発表したい考えだという。

    休みたいときに休憩施設が見つからないという交通安全上の問題の所在はどこにあるのか。駐車枠不足なのか、それとも長時間駐車する大型車が多いことなのか。

    高度経済成長期でもないのにもかかわらず今のタイミングで多くの予算が必要とされるこの事態は、労働上の法令を重視する運送事業者が増えたことと、高速道路の深夜割引の適用の問題にあると見るのが自然ではないか。

    午前0時から同4時に限定されている高速道路料金の深夜割引時間帯を前後に拡大できないのか。多くのトラック事業者がそうした声を挙げている。

     
     
     
     

    この記事へのコメント

     
    1. 毎日てっぺん待ち says:

      深夜割引を延長するか枠を増やすか、どっちでもいいので本当に早急にお願いしたいです!簡単ではないと思いますが・・・。

      11
      1
    2. 長距離ドライバー says:

      深夜割引時間を22時~翌4時にすれば
      かなりのトラックが午前0時をまたずに高速をおりられるし、SA・PAに長時間滞在するトラックも現象するのは間違いないよ‼️

      19
      1
    3. 匿名 says:

      国で運転手の給料の補償ができないのであればコーポレートカードを保有している企業の車の割引をすべての時間帯に行えば良いですね

      11
      1
    4. リョウ says:

      そもそも割引時間帯を設定するから高速道路上に滞留するんだけど
      公団から民営化になり利益追求形になったおかけでおかしくなった
      高速道路SAPAが立派になり、テナント料金が大きくなって、コロナの様な経済危機にテナントが耐えられなくなり、やむを得ず閉店や時短などしている。
      高速道路はインフラとして機能し、目的地としてのSAPAは終わらせ、観光地や営業トラックなどが目的地へ向かう道路として整備されるべきである。
      そもそも高速道路などのSAPAは休憩設備なので最低限、コンビニ等があればいいと思う。
      観光地へ訪問客がお金を落とすのは、SAPAではなく観光地へ落とすのが本来の姿
      高速道路はインフラとして機能すれば良い

      18
      1
      • 地方の運送会社の経営者候補 says:

        「目的地としてのSAPAは終わらせ、観光地や営業トラックなどが目的地へ向かう道路として整備されるべき」、「訪問客がお金を落とすのは、SAPAではなく観光地へ落とすのが本来の姿」。SA・PAで働いている方もいるので言いにくいですが、私もご指摘の通りだと思います。

        12
    5. 匿名 says:

      深夜割引をなくしても、430休憩や8時間運転8時間以上休息がある以上PA.SAに停めざるを得ない!

      16
      • 匿名 says:

        昔は700kmくらいシラフで走っていたけどな。福山から盛岡の着発路線定期。片道1300kmくらいか。430とか逆に眠たくなるわ。

        3
        23
        • 匿名 says:

          いつの時代の話出してんだよ。
          お前みたいなのが変に自慢げに喋るから若い子がそんなとこで安い給料で命賭けてまで働きたく無いってのが現状なんだよ。単なる老害になってるじゃねえか。

          21
          3
        • 匿名 says:

          14:16のヘタレ君へ。根性の無いのを言い訳にすんな!トラックの世界は気合いでハンドル握るんだよ。まぁどうせあれだろ?他業種で使いもんにならなくて、トラックならやれるか?って程度で入って来た負け犬だろ?さっさと運送業界から去れ!

          4
          20
        • しみず says:

          まぁ言っても無駄ですね。
          お前らみたいな先達のせいで今のドラが割り食ってんだよ。
          いい加減気づけ老害がよ!

          14
          2
        • 匿名 says:

          うわー、まさに老害!
          まーだそんな事言ってるヤツいるんだなw

          8
          1
        • 匿名 says:

          パーキングで役人にアンケート取られた時関東九州より関東関西の折り返しの方がキツいと言ったらなかなか理解してもらえなかった。横乗りしたらわかるよ、ど素人木端役人。

      • 匿名 says:

        質問ですが430とか8時間休息を守るなら速度は80km/h未満で走ってますよね?速度も車間距離も通行区分も追い越し方法も合図も出さない時があるなら休憩・休息の法律もぶっちぎったら?

        4
        13
        • 匿名 says:

          誰に質問してるの?俺には自問自答しているようにしか見えない。

          5
          1
      • 匿名 says:

        430なんて無くていい。人並な稼ぎで楽したければドライバーなんてやらなければいい。
        素人が余計なことするな。

    6. 匿名 says:

      ここにコメントしている運転手はみんな高速道路の制限速度はきちんと守ってますよね?

      私?75km/hですよ!そんな私に「遅えんだよ!ボケ!」みたいな運転をされる方が増えてますが、制限速度や法定速度は守らない、車間距離も保持しない、左からの追い越し(追い越し方法等違反)、合図不履行など交通違反のデパートなのに休憩の法律だけはきちんと守るとかおかしいだろ?

      90km/hくらいで飛ばしても平均速度は80前後。そこに途中31分以上止まるなら75km/hの私に追い越される。

      まぁ算数も出来ない底辺だから理解出来ねえわな!ほら青ポチしろよ!ヘタレ!

      7
      30
      • 匿名 says:

        お前真ん中バカだな(笑)

        6
        4
      • 匿名 says:

        コンプライアンスの目指す最終目的は突き詰めれば労働時間の短縮だ。
        長丁場(長距離)になると速度5キロの違いで走り切れなくなる。
        いくら社内速度を遵守したとこで結局労働時間が増えたらコンプライアンス違反だ。

        12
        2
        • 匿名 says:

          そもそもコンプライアンスというなら法定速度と休憩時間を加味して到着に間に合う運行計画を立てるべきだろうが!

      • 匿名 says:

        合図不履行は110番
        その他は陸運局へ通報ください
        75キロOK
        煽られたら70キロ
        重いふりして

        レジャーのあおりには60まで落とす

        6
        1
      • 匿名 says:

        みんなこの人の意見に反論してるけど冷静に客観的に見たら至極正論ですよ。様々な交通違反はしてるのに休憩休息の法律と運転時間の法律は守るっておかしいでしょ?結局は自分たちに都合の良い法律だけ守ってると見られてもおかしくないじゃん。

        6
        2
        • 名前はまだない says:

          休憩休息の法律と運転時間の法律は守るって・・・
          違うんだなー
          速度は会社が容認・・・てか90リミッターとはいえ大抵実測90出てないからね
          休息時間は会社が容認しない。無視して走ってると干されたりするから仕方なしなんだよねー
          チャート紙ならいくらでもごまかせるからいいんだけどそれでも4時間に一回は止まってずらしてって・・・めんどくさくなったなぁ・・・

          4
          1
    7. 匿名 says:

      マジでお願いします!
      トレーラー枠に4トン、大型停めないで!

      14
    8. あべのますく says:

      今頃ざますか?
      ありがたいですわ!
      休むことが出来ないドライバーの事故何件あったでしょう?

      お金必要なら割引やめたら?
      その分荷主からとれば?

      国土交通省も少し強くドライバーを考えてやれよ!
      マスクまだか?

      しっかりしろよ
      トップ

      12
    9. 匿名 says:

      先ずはトレーラーを何とかしてあげんとな。
      トレーラー1台で2枠ならばまだしも、3枠使ってる奴も居るし、12メートルトレーラーでも2枠使ってる奴も居る。
      フルトレーラー増えてんだから規制緩和する前にやらなきゃおかしな話。NEXCOの時間帯割引にしても、積み卸し先、及びその周辺(コンビニ、道の駅駐車場等含む)はアイドルストップの所が殆ど。国が8時間以上の休息、週間、月間、年間の総労働時間の設定。其れを遵守する事を求めてるんだから、高速道路等パーキングでの長時間休息は運転手側が咎められる事になるのは甚だおかしな話。運転手側が決められた法律を守ろうとしているのに、其れが出来ない状態で有るならば咎めた側が法律違反を促している事になる。何らかの罰則が有ってもおかしく無いよね。
      車を停めて決められた休憩休息をしたいのに、其れが出来ないのはドライバーのせいじゃ無い。

      20
    10. 匿名 says:

      増設はとてもありがたいお話です。
      ただ増設ではあまり意味がありません。
      皆、そこを目指して走るので。

      自分が考える最も効率を上げる方法としたら、
      トイレと自販機(ラーメン自販機もあると助かる)とゴミ箱だけの小規模なPAを首都圏付近にいくつか作り、入退場するにはコーポレートカードが必要となるバーを設置し、1時間以上の経過(停車)で100円/hかかるトラック専用のPAを点々と作ってもらいたいです。

      トイレに行きたいだけ、30分休憩をしたいだけ、金を出してでも朝まで停車したい人は数多くいると思います。入っても通過するレーンによっては停車できない既存のPASAよりは目的がハッキリしてるPAがある方が便利です。

      そして増設だと1枠がかなり狭くなるので乗り降りや進入、退場が非常に大変で気を遣う事も付け足しておきます。

      15
    11. 匿名 says:

      運送会社の場合、高速道路の法人割り引き有りますよね、会社の経営者によっては、運転手に還元しないで、懐に入れて脱税してるのかな

    12. 長距離大好き says:

      増設するよりトラックだけ終日割引したらいいと思います。

      11
    13. 役人取締 says:

      国交省は末端の運送会社をどの様に
      考えてますか?

      元請け、孫請けは納品先に荷物を届ける為に日夜走ってます。

      4時間に1回30分の休憩取れと言われても、休憩先(駐車場)が無ければ
      無理なんだよ❗
      少しでも動いたら違反だとか騒いでる役人❗お前はバカか➰
      だったら5km以内にトラックの駐車場を最低10台は確保してから法律を作れや

    14. 3PS says:

      本当に運送業の労働問題を改善しようと思うなら全時間帯5割引にしてくれよ。

      多くの長距離輸送は宵積み→朝納品だから、必然的に深夜時間帯で休息を取ることになる。
      そこで0時過ぎにしか高速を降りられないとなればパーキングの駐車スペースが不足することは予測できたはずなのに、省庁や政治家が〇カだから一向に解決しない。
      運転手は皆、なるべく納品先の近くまで行って休みたいんだよ。

      430も8時間休息も大事だが、その430取ることで一日の運行時間がタイムアップになり中途半端な場所で休息を取らなければならなくなる事も多い。
      猫も杓子も430だと決めつけるのではなく、業態に応じ柔軟な休息・休憩の取り方を考えていくべきではないでしょうかね?

      ※定められた休息・休憩・拘束時間を守ることが前提です。ノンストップ運転等を推進する意図はありません。

    15. しがないトラックドライバー says:

      営業車は終日3割にして頂ければ、いくらかは解消すると思います。

      20年前からしたら、高速道路を利用する車もかなり増えて道路公団さんの利益も上がってるはず。。。

      そもそも民主党のときは高速道路無料化の話しもあったような記憶してます。

      物流を支える営業車の皆さんに休憩したい時に休憩出来る様な時代が来る事を望みます。

    16. 異業種からの転生ドライバー says:

      国交省の方々は、高速代をドライバーが払ってるっていう信じがたい現実をご存知ないんだと思いますよ。だって私も会社入るまで知らなかったので。
      初めて給料明細見た時、びっくりするほど引かれてて青ざめました!きちんと説明聞いてなかった自分が悪いのですが…

      4
      1
      • 製造業の物流担当 says:

        あの・・・、とある荷主の物流担当ですが、なぜドライバーさんが高速代を負担するのでしょうか?こちらに来る請求書には高速代がしっかり記載されていますが

        • わっきー says:

          弊社では、
          (1ヵ月の運賃合計-高速代合計)×売上に応じた歩率
          の計算式です。

      • 運送会社総務部 says:

        高速代をドライバーが負担する会社ってあるの??

        • 匿名 says:

          歩合制で仕事している会社で有れば売上げげから、引かれます

    17. 匿名 says:

      別にPASAに拘らんでも高速バス停留所みたいな形のトラック用パーキングなら比較的楽に作れんじゃねーの。

    コメントをする

    ※コメントを投稿することにより、利用規約をご承諾いただいたものとみなします。

    内容をご確認の上、送信してください。

     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら