Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本倉庫協会 会員向けに保険制度を新設

    2009年5月7日

     
     
     

     日本倉庫協会(安部正一会長)は会員に向けた保険制度を開発、1日から補償を開始すると発表した。この保険は5年前から研究を始め、会員にアンケート調査や意見収集をし、倉庫業を営む上で必要とされる保険内容を構成。引き受け幹事保険会社は損害保険ジャパン(佐藤正敏社長、東京都新宿区)。


     同保険の特色は、「倉庫業者にかかわる賠償リスクを総合的に補償」「低廉な保険料で加入」「会員事業者のニーズに応じて特約を付帯」「誤出庫関連で発生する損害賠償責任やリコール費用の補償などを特約で付帯」などで、事務処理の簡素化も目的の1つ。
     基本補償は、(1)保管中および入出庫に伴う運送中の寄託物の損害に対する補償、(2)倉庫・設備・倉庫作業を原因とする第三者への損害賠償を補償、の2つあり、特約として(1)漏水損害補償(2)特殊作業危険補償(3)誤出庫危険+リコール費用補償を用意している。
     日本国内で発生した事故に対して補償し、1事故での支払い限度額は基本補償と特約の(1)(2)で1億円、特約(3)で5000万円まで。ただし、特約(3)のリコール費用補償は1億円まで。
     保険期間は来年5月1日午後4時までで、随時中途加入が可能。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら