Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    「下請けかけこみ寺」相談者に匿名多し

    2009年6月30日

     
     
     

     「運送会社の相談も多いが、ほとんどが匿名」と話すのは、下請かけこみ寺の相談員・大東正義氏。かけこみ寺とは中小企業庁が昨年4月に設置。京都では京都産業21が相談員を置き、窓口となっている。大東氏と京都産業21の安東正浩主幹に話を聞いた。


     全国のかけこみ寺の相談件数は昨年度で3836件。うち運送業(代金法除く)は214件。「京都では月10件ほどの相談がある」という。「秘密厳守で名前が漏れないのですが…。京都という狭い地域で名前が出れば『仕事が出来なくなる』という声が圧倒的」と指摘する。
     「ほとんどのトラブルは、口約束だけの仕事で後からもめる──契約書で解消されるのですが」というが、運送業界で契約書を作って仕事できる会社がどれだけあるか。滋賀県では「帰りに急きょ配送を口頭で受けたが、配送後に『空荷だったんだから安くしろ』といわれた」事例がある。
     「裁判までいくケースもあるが、話だけで納得することも少なくない。ある種のガス抜きでしょう」と話す。
     しかし、下請かけこみ寺があまり知られていないのも事実。「もっと、ガイドラインの説明会が必要。ト協などで企画して頂ければ行く準備はあります」と説明する。現在は弁護士による無料相談を実施中だ。孫請け、ひ孫請けが当たり前の運送業界だけに、この点の対応が望まれる。(小西克弥記者)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら