Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    DHL 労働安全衛生意識の向上を図るキャンペーン実施

    2009年8月5日

     
     
     

     DHLはこのほど、労働安全衛生に関する意識の向上を目的としたキャンペーン「Stop for Safety」を実施。
     同キャンペーンは、アジア太平洋地区のオフィス、ハブ、倉庫からなるDHLのネットワーク全体にわたり、従業員の労働安全衛生に関する意識の向上を図るもので、DHLサプライチェーンがアジア太平洋地区内の16か国700拠点の全従業員約2万名を対象にワークショップを開催。日本では1752名が参加し、「安全は私たち一人ひとりの責任です」とのスローガンを掲げ、全ての従業員が安全衛生基準の重要性について再確認した。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら