Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    赤帽栃木 引越専門部隊「赤帽とちぎ引越隊」創設

    2009年9月25日

     
     
     

     赤帽栃木県軽自動車運送協同組合(原田守男理事長)は、新規受注開拓を目的に、組織改革委員会と営業推進委員会の合同で、引っ越し「専門部隊(仮称)赤帽とちぎ引越隊」を創設し、入隊者を募集している。


    0924akabo2.jpg
    原田理事長
     赤帽はこれまでも引っ越し依頼を請け負ってはいるが、家具や荷物の運搬のみに留まっているのが現状。そこで、引っ越しに伴い必要とされる家具や家電製品の据え付け、セットアップ、エアコンやウォシュレットなどの取り外し・取り付けなどのサービスを標準化し、付加価値の高い引っ越し専門業者を目指す。
     入隊には、これらの専門技術を身につけなければならないが、同組合の会員には他業種からの転職者も多く、専門の技術を持つ会員が講師を務め、専門技術習得のセミナーを開催している。
     原田理事長は「マナーチェックセミナーも大事で、技術習得セミナーと並行して開催していく。熱心にセミナーに出席する会員に技術を身につけてもらい、新規顧客獲得に役立てたい。意欲ある会員にはGPS車両の優先割り当てなど、支援体制もある」と話す。本稼働は10月からを予定している。
     スポット運送業務がメーンの赤帽は、急な依頼への迅速な対応がポイントとなるため、同組合では400台弱の車両中、まずは70台にGPS機能付き携帯電話を導入、新配車システムで配車の効率化を進めている。
     車両の管理・指示は本部で行い、依頼を受けると、荷物のピックアップ場所に効率良く行ける車両に連絡を入れる。無駄な動きがなくなり環境負荷低減に役立つと共に、GPS搭載車両には受注機会も増加する見込み。GPS搭載車は徐々に増やしていく予定だが、セミナーへの積極的な参加など、意欲の高い会員から優先的にGPS車両を割り当てるなど、会員全体の意欲の底上げも図る。
     また、顧客一人ひとりに「私だけに一生懸命対応してくれている」イメージを強くアピールするため、地元密着型・御用聞きタイプの営業を強化するとしてチラシのポスティング活動を「原点回帰で行う」とし、組合で会員の協力を進めている。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら